フィールドフォー・デザインオフィス / FIELD FOUR DESIGN OFFICE

TOTO Indonesia HQ

TOTO インドネシア新社屋

Challenge in the developing Jakarta TOTO Indonesia HQ was constructed in the center of Jakarta, the midst of the intense light and noise of the rapidly growing city.
Our objective of this project was “to create a place reminiscent of abundant everyday-life experiences produced by clear water.” The “light from water reflecting the city” at the entrance gives an impression of TOTO’s corporate identity color, blue. The “light from flowing water” is expressed on the escalator wal ls that connect showroom floors, and the “light from a quiet pond” in the showrooms. TOTO Indonesia is not an overseas branch of the Japanese company TOTO. It is a joint venture between TOTO and a local enterprise, and all design decisions were made in Indonesia.By patiently implementing a robust and flexible concept, our designs connected the different cultures of Indonesia and Japan, the different building technologies and materials, and different minds of the client and contractors.
The GDP of Indonesia is demonstrating rapid economic growth and is predicted to be the fourth largest in the world in 2050, overtaking Japan, the current fourth largest, which will drop to seventh.
We believe that this project experience will connect Japan and Jakarta, leading to innovations through intercultural exchanges.

発展するジャカルタでの挑戦 TOTOインドネシア新社屋はジャカルタの中心地に建設され、強烈な光と、成長著しい都市の喧騒の中にあります。
本案件を、「清涼な水が生み出す豊かな生活体験を想起する場創り」として捉え、TOTOのCIブルーをイメージさせる「都市を映す水の光」のエントランス、
各ショールーム階をつなぐESC壁面の「流れる水の光」、ショールームには「静寂な池の光」を表現しました。

TOTOインドネシアは日本企業であるTOTOの国外部門ではなく、現地企業との合弁会社であり、デザインディシジョンはインドネシアのみで行われました。
私達のデザインは、インドネシアと日本の異なる文化、異なる建築技術や材料、施主の思いと施工者を、
強いだけでなく柔軟に解釈可能なコンセプトを用いることで粘り強くつなげました。

経済成長著しいインドネシアは、2050年にGDPが世界第四位となり、現在第四位の日本は七位へと順位が逆転すると言われています。
このプロジェクトでの経験が、日本とジャカルタをつなげ、異なる文化との交流によりイノベーションを生み出すきっかけになると信じています。

Date
Oct.2018
Location
INDONESIA
Designer
Y.Shimada M.Takahashi
Director
T.Okubo
Photo
Nacāsa & Partners Inc / HIROSHI TSUJITANI